不動産の買取

不動産を買い取ってもらう場合のどんな感じかといったことですが、土地や家などを売ろうと思ったら、不動産会社は売買の仲介をするということで売地や売家の広告を出してもらうということをするかと思いますが、不動産業者に買取りをしてもらうといったケースも考えられます。この方式ですと、不動産の買取額は不動産会社ごとに、わりと違いがあるのが通例ですから、売却をしたい不動産の買取価格がいくらになるのかをしっかりと見積もりをしてもらわなければなりません。

 

不動産買い取りをしてもらう際のポイントとしては提出された見積もりが思ったよりも安い時は、比較をするために他の不動産売買業者にも聞いてみることです。先に複数の会社に連絡をして、売却したい物件の査定の依頼をするといったことをするほうがよいでしょう。不動産会社もケースバイケースでまずは物件の仲介をする形で広告を出して、買い手がなかなか居ないようでしたら、不動産会社で買取りをする検討をするといった場合もあるようです。

 

ただし、実際によくあるのは、不動産広告を出して買い手を探すよりも転売をした方が利幅が大きいために、実際には、買い手を見つけることはできたとしても、買い手がつかなかったために自分たちで買い取ることに話を持って行って、売れないからと安く買いたたいてその分利益を出そうとしている不動産会社もありますから注意しましょう。